勤怠管理の方法について

subpage01

勤怠管理は長い間、従業員が個々で記録するという形式が一般的でした。


しかしそれが今、問題になっています。



管理職のやり方一つで、いくらでも操作できてしまうのです。
例えば、国から定められている月間の残業時間を超えそうになると、従業員に強制的にそうならないよう、定時に帰っているようにみせかける、また、夜は普通に帰らせて、早出出勤を強要するなど、たびたび問題となっています。


そうならないように、企業側の努力だけでなく、新たに勤怠管理システムを導入する企業が増えています。
これは、従業員がそれぞれでタイムカードを専用端末に通して、出退勤時間を管理するためのものです。


このシステムの優れているところは、機械での管理になりますので、管理職の裁量で操作できないこと、また、集計する総務部門側の負担軽減にもつながり、業務量を減らすことができるのです。

この勤怠管理の結果、残業時間を適切に管理することができ、正しい勤怠管理が可能となるのです。

また、多くの企業の場合、1年間に何度か監査が入ることになっていますが、そういった監査員に対しても、ちゃんと勤怠管理をしているということが簡単に説明できます。



このことにより、監査にかかる負担も減らすことができるのです。

BIGLOBEニュースサイトを見つけることができました。

今の時代、もはや努力だけで何千人、何万人という従業員を管理するのは不可能です。
どの企業も良いシステムを適切に使っていくことがこれからも大事になってくることでしょう。