勤怠管理で確認する項目

subpage01

勤怠というのは従業員の労働状況を把握するひとつの指標となります。
働き過ぎていないか、適切に給料が支払われているか会社としても管理しなければならない内容であり、勤怠管理が必要となります。



勤怠管理をするためには、従業員ごとの勤務形態より実績を記録する必要があります。

勤務形態というのは社員なのか時給者なのかといった給料の支払い区分の違いもあれば、勤務する日数や時間帯も違ってくる事になります。


社員の場合は1日8時間といった勤務が基本になることが多く、週の勤務時間数などから残業の有無を計算する事になります。

時給者の場合はどのような契約になっているか、その内容によって勤務時間数はかわってきます。残業については1日8時間、週40時間を超えるとつけなければなりません。これらより勤怠管理をするためには出勤日数、休日日数、勤務時間数、残業時間数、有給休暇日数など必要となります。
もし社員で遅刻早退や欠勤日数によって給料が控除される場合は、遅刻早退の時間数や欠勤日数も捉えなければなりません。
勤怠管理を正しく行うためには正確に早く実績を記録しておくことが大切です。

BIGLOBEニュースに関する情報を提供中です。

時間が経ってから勤怠を記録するのは間違いの原因にもなります。



前日の勤怠は翌日には実績として確認できるようにしておく事です。
残業時間数が多い場合など改善策を早く実施することができる事にもなります。

勤怠管理はこれら確認するべき日数や時間数を明確にして、その情報が早く正確に入ってくるようにします。